So-net無料ブログ作成
検索選択

「快速 北太平洋花と湿原号」に乗ってきました その2 [鉄道ばなし]

念願の(笑)「快速 北太平洋花と湿原号」に乗車した私と相棒(実は息子ですが)は、指定された「お座敷」に腰を下ろし、まずは腹ごしらえ。

この列車は厚床駅で約20分間の停車があります。

駅弁ならば列車に揺られながら食べるのが本筋ですが、乗車時間も短いので、時間を無駄にはしたくない(笑)。

さて、先ほど購入したのはが、この「ビーフサンダーマウンテン弁当」です。

139 ビーフサンダーマウンテン弁当1.jpg

まるでTDLのアトラクションのような名前ですが、開けてみると、ターメリックバター&サフランライスの上に牧草育ち伊藤牧場産「あけさと和牛」(日本短角和牛)の肩ロースをミディアムレアで焼き上げた(伊藤牧場さんのHPからの受け売り(爆)です)ステーキと温野菜が盛り付けられたランチボックスでした。

140 ビーフサンダーマウンテン弁当2.jpg

続きを読む方はこちらをクリックしてください!!


nice!(42)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

「快速 北太平洋花と湿原号」に乗ってきました その1 [鉄道ばなし]


根室本線の根室駅のホームに滑り込んできた三両編成の紅い列車。

普段は1両か2両編成で走るキハ54ディーゼルカーのステンレスボディを見慣れている身には新鮮に映るこの列車。

これは期間限定釧路-根室駅間を運行している「快速北太平洋花と湿原号」です。

131 花と湿原号1.JPG

この列車は北海道デスティネーションキャンペーンの一環として、7月21日から8月31日の間運行されているものです。

「急行まりもの復活」の記事でも書いたので重複しますが、このキャンペーンはそのHPによると、「北海道デスティネーションキャンペーン「こころにくる旅。キュンと北海道」は、JRグループの協力のもと、北海道、北海道観光振興機構が中心となり、北海道の観光並びに農林水産関係団体・企業・マスコミ等が一体となって開催する大規模なキャンペーン」というものなのだそうです。

つまりは、みんなで北海道観光を盛り上げよう(笑)!っていうことです。

JR北海道でも各地域でイベント列車を運行しているのですが、わが道東根室地区では、この「北太平洋花と湿原号」がその列車にあたります。

続きを読む方はこちらをクリックしてください!!


nice!(42)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

コアカゲラの子育て  その2 [野鳥観察]

コアカゲラの子育てを見に行って、親鳥の餌運び、餌やりを観察できたのですが、その途中、カラスが現れたために親鳥が巣に近づかなくなってしまいました。

そのために、しばらくの「待ち」となり、手持ち無沙汰となってしまいました。

辺りを見回していると、樹の後方にある遊水地にカワセミの姿が見えました。

122 カワセミ.JPG

この森は町から近い場所にあるのですが、野鳥の豊かな場所のようです。

しばらくすると、近くの枝にコゲラがやって来ました。

123 コゲラ.JPG

続きを読む方はこちらをクリックしてください!!


nice!(44)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

コアカゲラの子育て  その1 [野鳥観察]


北海道の遅い春は、動物たちの子育てシーズンの真っ最中です。

以前ご紹介したエゾフクロウたちに続いて訪れたのは、コアカゲラの姿です。

写真の師匠から、某所(笑)でコアカゲラの卵が孵って、生まれた雛たちの餌運びに親鳥が奮闘しているという話を伺い、会いに行ってきました。

行ったのは、とある町の郊外にある自然公園。その中にある樹に巣があるという情報でした。

正確な場所は分かりませんでしたが、必ず撮影している人はいるので、鳥よりも人を探せば(笑)分かるだろうと、遊歩道を進んで行きます。

すると予想通りに大砲レンズを構えた男性がおり、近づいてそのレンズの向けている先を見ると、巣の場所はあっさり分かりました。

110 コアカゲラの巣.JPG

さっそく準備を始めたのですが、薄暗い森の中であり、カメラの条件探しが大変です。

鳥たちにストレスがかからないように、ある程度距離をとって撮影する必要があるため、超望遠レンズの使用が必須なのですが、撮影時のブレを最小限に抑えるためには、それなりのシャッタースピードが必要にもなってきます。

その条件を満たそうとすると、勢いISO感度を高めに設定しないとダメで、800から1600、そして最終的には2400まで感度をアップすることになりました。

当然、画質は荒れてきますが、記録としての撮影なので、これはこれで善しとします。

続きを読む方はこちらをクリックしてください!!


nice!(39)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

歩鉄の達人さんと行く根室地方の廃線探訪 その3 [廃線探訪]



根室飛行場跡を見学した後、歩鉄の達人さんを案内したのは、根室拓殖鉄道の軌道跡です。

飛行場跡のある牧の内地区から拓殖鉄道の終点、歯舞集落まではストレートにいく道もあったのですが、せっかくの機会なので、納沙布岬を経由することとして、地元では「裏街道」と呼ばれている、根室半島の北側沿岸を走る道道35号線を走ることにしました。

納沙布岬まであとわずかとなったところで、海上をものすごいスピードで走る漁船を発見。

そういえば、最近(取材当時、ですが)この近辺でのコンブ漁が解禁になったというニュースを聞いたことがありました。この漁船はコンブ漁を終えて帰港する途中なのだとは思うのですが、分からないのがそのスピード。

出漁のときは、いいポジションを確保するために目的地に急行するのは分かりますが、漁を終えてから、これだけ急ぐ理由が分からないのです。

とはいうもの、押さえとして(笑)一応写真を撮っておきます。

100 漁船.JPG

続きを読む方はこちらをクリックしてください!!


nice!(30)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

尾岱沼に来たゴマフアザラシの姿 その2 [オホーツク暮らし]

観光船に乗った「アザラシウォッチング」は続きます。

40頭ほどいたゴマフアザラシですが、すこしすると、浅瀬から深みに移動する個体も出てきました。

085 アザラシたち9.JPG

しかし、まだ集団の多くは浅瀬でのんびりしています。

086 アザラシたち10.JPG

続きを読む方はこちらをクリックしてください!!


nice!(34)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

尾岱沼に来たゴマフアザラシの姿 その1 [オホーツク暮らし]

尾岱沼にゴマフアザラシが来ていると、会社の同僚が教えてくれました。

遊覧船に乗ると、見れるらしい + 遊覧船は意外と安いらしい(笑) = これは、行くしかない!

そんなわけで、別海町観光船が企画している「アザラシウォッチング」に参加してきました。

072 パンフレット.jpg

観光船が出るのは、尾岱沼漁港。その岸壁近くにある案内所で乗船券を購入します。大人一人1,000円でした。

071 チケット販売所.jpg


続きを読む方はこちらをクリックしてください!


nice!(31)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

「東京ケーキ」って、何だあ~? [オホーツク暮らし]

北海道で暮らしていると、自分の生まれ育った場所での食べ物と違うものがいくつもあって、驚いたり楽しんだりしています。

「秘密のケンミンshow」などを見ていると、各地方の独特の料理や食べ方が紹介され、驚くこともありますが、聞いていて鼻につくのが、「こんなのあり得ない」とか、「こんなの食べるのは信じられない」といった否定的な言葉。

邪推すれば、こういった発言は、次の展開を効果的にしようという実にテレビ的な発言(笑)なのでしょうが、個人的には聞くたびにカチンときています。

食べ物の嗜好はきわめて個人的でかつ保守的な傾向にあるので、未知のものに対する拒絶はあるのでしょうが、別に食べに死ぬわけじゃなし(笑)、新しい経験だと思って食べてみればいいのにな、と思っています。

……さて。


今日のお題は「東京ケーキ」です。

最初に聞いたときは「?」でした。

自分のこれまでの人生(笑)では、聞いたことのないワードです。

隅っこながらも一応東京都民として人生の半ば以上を過ごしてきた私も、聞いたことはありませんでした。

何でも、縁日などで売られているらしい

……?

考えていても仕方ない。とりあえずは食べてみよう! と、地元でおこわなれた神社の例大祭に出かけ、参道付近に軒を連ねている屋台をチェックしたのですが、今年は出店していないとのことでした。

そうなってくると、ぜひとも食べてみたくなるのが人の常(笑)。 それならば、と近隣で最も盛大で北海道三大祭の一つと言われる根室の金比羅神社例大祭に出かけました。

059  金比羅神社例大祭.jpg

やはり北海道三大祭の一つというだけあって、かなりの人ででした。

金ぴかの神輿に続く山車の数々。

こちらの山車は「かぐや姫」らしいのですが、おばあさんが怖い。それにかぐや姫は小顔の上に大きな目でかなり今風(笑)ですね。

061 山車.jpg

いざ行って気がついたのですが、私は実は人混みが大の苦手(笑)。人混みに揉まれているうちに、帰りたく(笑)なってくるのでした。


続きを読む方はこちらをクリックしてください!!


nice!(44)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

謎の落石計画(笑) [廃線探訪]

閉ざされたゲート前に立つ「落石計画」の文字。

047 落石計画1.jpg

導かれるように霧の立ち込める道を進むと、その先に幻のように浮かび上がる建造物。

049 霧の道.jpg

そして、その前にも、やはり「落石計画」の文字が…。

048 落石計画2.jpg

これは、落石を企てるテロリストたちの集いか……。

続きを読む方はこちらをクリックしてください!!


nice!(29)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

歩鉄の達人さんと行く根室地方の廃線探訪 その3 [廃線探訪]


根室近辺の遺構探索のスタートは、根室駅です。

私は何度も撮影に訪れていますが、ホームに出るのは初めてです。

034 根室駅1.jpg

達人さんに入場券を買っていただいて、改めて日本最東端(有人駅として、ですが)の駅の風情を確認しました。

035 根室駅2.jpg

これから根室港線の遺構探索に向かいます。

根室港線は根室本線の貨物専用支線であり、正式な呼び名ではありません。

しかし、地元では「港線」もしくは「臨港線」と呼ばれているようなのですが、私は他の路線との誤用をしないように「根室港線」と呼ぶこととします。

私は以前、ルートを徒歩で完走(笑)したこともあるのですが、それを記事にする機会を逸してしまい、まだ発表はしていません。

今回、私は案内役に徹するつもりでいたので、達人さんに軌道跡を歩いていただきながら、車で先行するようにしていたので、あまり写真は撮っていません。

そこで一部、過去に撮った写真も掲載させていただきますので、悪しからずご了承ください。

続きを読む方はこちらをクリックしてください!!


nice!(30)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。