So-net無料ブログ作成
検索選択

隧道マーケットへの旅 その6 大団円? [廃墟探訪]

 ご覧いただいた、昭和炭鉱 隧道マーケットへの旅、今回が最終回です。

 水没した区間を抜け、先ほど見たマーケット各店舗の中を見ながら入口へと戻ります。

 店舗内に散乱している、お菓子の包装や洗剤ラック。どれも見覚えのないもので、ここに昭和炭鉱が生きた時代の空気がまだ残っているような気がします。

  52 マーケット5.JPG
 53 マーケット6.JPG

 若い方には分からないかもしれませんが、記憶に間違いがなければ、私の子供のころには、野菜を洗剤で洗うCMが流れていました。あれは、何の汚れを落とすためのものだったんだろう…。

 54 マーケット7.JPG

 トンネルの半ばまで戻ったとき、そういえばいつか拝見した隧道マーケットの訪問記に、トンネルの中にはコウモリが沢山いたという記述があったな、ということを思い出しました。

 今までは気にならなかったのですが、注意してみてみると、あちこちに天井から逆さにぶら下がるコウモリの姿がありました。

 56 コウモリ2.JPG


 最初は遠くから写真を撮っていたのですが、あまり反応もなかったので、近くに寄ってストロボ撮影。それでも反応はなかったのですが、あとで写真を見返してみると、かなりご立腹の様子でした。

 51 コウモリ.JPG
 
 その節は大変すいませんでした(笑)。


  トンネルの入口近くで再びトンネルが小さくなってきます。

 その壁面はコンクリートではなく、私には分からない構造の擁壁になっています。擁壁の模様は、先ほど見た炭鉱住宅の壁面のそれにとても似ていますが、構造も似ているのでしょうか。白い「枡」の中に黒い粉末が詰められているように見えますが、その材質が何なのかは分からずじまいです。

 この部分の擁壁は、天井部分に亀裂が走り、側面は一部崩れかけています。また、路面は隆起していました。

 55 崩落1.JPG
 57 崩落2.JPG

 トンネル外からの圧力に負けた結果だと思いますが、この部分が崩落して隧道マーケットが埋もれてしまう日はそう遠くない気がしました。

 短時間ではありましたが隧道マーケットを見学することができて、満足しました。撮影データを見ると、トンネル内の滞在時間は約50分でしたが、実感としては2時間くらいいたような感じです。

 58 出口.JPG

 トンネルの外に出ると、曇天ではありましたが、とても明るく暖かく感じたものでした。現世に帰ってきた感じ(笑)。

  また川を渡渉し、往きに気になっていた遺構に向かいます。

 隧道マーケットから数百メートル戻った場所にある、この大きな構築物は、外観から選炭場と見ましたが、果たしてどうでしょうか。

 63 選炭場5.JPG

 この構築物には「屋根」があるためか、シカさんたちの休憩所あるいは宿泊所(笑)になっているようで、あちこちにフンが落ちていました。

 59 選炭場1.JPG
 60 選炭場2.JPG
 61 選炭場3.JPG

 コンクリートの古い構築物にありがちな、「鍾乳石」もできていて、閉山からの時の流れを感じます。

 62 選炭場4.JPG
 
 この裏手には他にも構築物があるようでしたが、今回は隧道マーケットが目的だったので、この選炭場跡見学を最後に、車に戻ることにしました。

 往きと違って距離感があるので淡々と歩いてゆくのですが、その途中、ペチャという音がして、何か柔らかいものを踏みつけた気配。

 その柔らかいものを良く見ると、どうやらかなり大きな生き物のフン。となると、相手はただひとつ、いや一頭(笑)。

 このフンが新しいものなのか否かは確認しませんでしたが、この後、私の歩く速度が著しく速くなったことは言うまでもありません。

 30分後、私は何事もなく、林道の入口まで戻れたのでしたが、林道のゲートとわが愛車の姿を見たとき、本当にホッとしたものでした(笑)。

 64 ゲート.JPG

 今回、急な思いつきで昭和炭鉱跡を訪ねたのですが、この近くは空知の炭鉱地区で、まだいくつも遺構があります。次はいつになるかは分かりませんが、また新たな場所を訪問したいと思います。

 隧道マーケット訪問記は、これにて終了です。最後までお付き合いいただき、ありがとうございました
nice!(20)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 20

コメント 6

maru

無事のご帰還(笑) 何よりです。

by maru (2016-11-15 22:51) 

Sentimental-Way

maruさま
ありがとうございます。やはり現世の方がいいです(笑)が、帰ってきてみると、また行きたくなります。これが廃墟探訪の魅力なのかも知れません。

by Sentimental-Way (2016-11-16 12:41) 

ぼんぼちぼちぼち

コウモリ ブキミでやすね(◎o◎:
攻撃されなくてよかったでやすね。
by ぼんぼちぼちぼち (2016-11-16 22:18) 

えすぷれそ

まさに「出そう」な場所ですね。羆。
炭鉱跡に興味ないわけではないんですが、山の中に入る勇気ありません・・・
by えすぷれそ (2016-11-16 22:33) 

Sentimental-Way

ぼんぼちぼちぼちさま

コメントありがとうございます。
コウモリさんたちは大人しく写真撮影に応じてくれた(笑)ので、パニックにならずに済みました。
でも、なかなか不気味な体験でした。
by Sentimental-Way (2016-11-21 21:05) 

Sentimental-Way

えすぷれそさま

コメントありがとうございます。
一人で廃墟巡りは結構怖いのですが、それでも出かけてしまうのは、性分(笑)ですかね。
by Sentimental-Way (2016-11-21 21:07) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。