So-net無料ブログ作成
検索選択

隧道マーケットへの旅 その3 [廃墟探訪]

 踏み跡の少ない道を進んでゆくと、その先に古びた建物群が見えてきました。2階建ての炭鉱住宅のようです。

23 炭鉱住宅8.JPG

 しかし、炭鉱住宅は何棟も見ましたが、今までと違って採炭施設の奥に住宅があったとは驚きです。あるいは手前にも住宅があったのかもしれませんが、今となっては不明です。

 住宅は道の両側にあり、向かって左に1列、右側には2列ありました。

>26 炭鉱住宅10.JPG

 調査衝動にかられ(笑)ましたが、まだこの先に道が続いているので、とりあえず行けるとこまで行ってみようと思い直し、さらに進むことにしました。

 道の近くを流れる川には崩れかけてはいるものの、擁壁があるので、まだ先に何かありそうですね。

 24  構築物.JPG
 道をさらに進むと、1棟だけの炭鉱住宅が建っていました。

  13 炭鉱住宅2.JPG

 この先は山が迫っていて、道も途絶えているように見えました。それにあまりここで時間を費やしてもいけないので、ここで引き返すことにします。

 住宅を見ると、屋根は崩落しており、厳しい状態だったので、ここの探索は諦め、先ほどの住宅群まで戻ることにしました。

 14 炭鉱住宅3.JPG

 数分下って戻った住宅群も、奥のものと同じようにかなりダメージを受けているようでした。

 15 炭鉱住宅4.JPG

 入口の階段はかろうじて原形をとどめているようでしたが、内部は2階建ての床部分は崩れています。

 27炭鉱住宅11.JPG
 16 炭鉱住宅5.JPG

 これらの住宅の築年数は分かりませんが、道東地区の浦幌炭鉱跡、尺別炭鉱跡に残る住宅はここまでダメージを受けてはいなかったと記憶しています。唯一思い当たるのは、紋別にあった鴻之舞金山の住宅跡で、やはり屋根から床まで崩れていました。屋根部分が木製であったために老朽化が早かったのか、それとも雪深い地域だったせいか…。
 理由は定かではありませんが、傷みの激しい炭鉱住宅群を見て、荒れ果てた住宅に流れた時の長さを実感しました。

 ただ、住宅すべてが内部崩落していたわけではなく、1階の天井部分が残っている社宅も数戸ありました。

 18 住宅内部2.JPG

 それでも内部の痛みはかなり酷い状態でした。

 17 住宅内部1.JPG

 そして天井にはお決まりの鍾乳石(笑)。

 19 住宅内部3.JPG

 このような荒れ果てた住宅廃墟を見るうち、少々気が滅入っている自分に気づきました。

 勝手な理屈ですが、廃墟には何かしらの往時の面影や生活の痕跡があると、その時代の姿に思いをはせることがあり、それが廃墟探訪に引き付けられる理由になるのですが、ここまでの状態であると、そんな感傷に浸る暇を与えてはくれません。

 25 炭鉱住宅9.JPG21 炭鉱住宅7.JPG

 炭鉱住宅を見ていて思い出したことがあります。

 廃墟には心霊話、怪談がつきものです。

 昭和炭鉱で検索してみると、いくつもヒットしますが、それぞれを読むとオリジナルはひとつで、引用もしくはコピペで拡散していったようです。
 興味のある方はネット検索でご覧いただくこととして、この怪談話を要約すると、当時中学生だった主人公とその友人が自転車でこの廃墟を訪ね、テントを張る予定だったのが面倒になってとある住宅に泊まることになったとき、怪異な現象(つまりは幽霊)に遭って一目散に逃げ帰った、というものです。

 しかし、実際に訪れてみると実感しますが、この場所に至るには一番近い集落から林道の入口まで10キロ以上あり、林道の入口から住宅跡までも4キロ程度はあります。
 何年前の「話」かは分かりませんが、中学生がここまで自転車で行ったというのは信じがたい話しです。ましては、相当前に屋根や床が崩落してたであろう住宅に泊まったということも考えにくいですね。
 創作話のように思いますが、こういった話が興味本位で拡散していくということも困ったもんです。
 私としては、特に産業遺構としての廃墟に対しては、かつて栄えた場所がここに至るまでの経緯に思いを馳せれば、自ずと謙虚な気持ちで向き合えることになるので、「怖い」といった感情や心霊現象的な興味にはなりません。クマさんとの遭遇(笑)や老朽化した建物などに起因する落下等の事故に対する現実的な恐怖はもちろんありますが。
 たとえば、住宅近くにある小さな竪穴。

22 穴.JPG

 排水枡のようですが、誤ってハマってしまえば大ケガをしてしまいそうです。残雪のある時期ならば、隠れていて気づかずに踏み抜いてしまうかもしれません。こういった行動は自己責任になってきますので、そんな現実的なリスクを十分考えて行動しているつもりです。

 それはさておき、いよいよ隧道マーケット潜入(笑)です。


nice!(18)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 18

コメント 2

やなぼー

幽霊の類いなら、まだ人間っぽくて良いですが・・・
クマさんの方だったら、命無くしますから、よっぽど怖い気が・・・(>_<)
by やなぼー (2016-11-10 06:23) 

Sentimental-Way

やなぼーさま
コメントありがとうございます。私も現実的な恐怖(笑)の方が、怖いです。それでなくても、廃墟の中はリスクがいっぱいですから。

by Sentimental-Way (2016-11-10 21:23) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。