So-net無料ブログ作成
検索選択

日高本線追想 あるいは 撮り鉄コラボ その3 [鉄道ばなし]

いやあ、ブログを再開したものの、なかなか更新がままなりません。

生来の怠け癖に加えて、北海道在住の時にはなかった、往復約3時間の通勤時間がネックになって、帰宅すると睡眠優先(笑)のような生活パターンになってしまいました。

とはいえ、わずかながらも更新を待っていて下さる方もいるので、書き続けることといたしましょう。

では。


今回の日高本線の撮り鉄コラボは、ひょんなきっかけで始まったため、はっきりとした予定はありませんでした。

お付き合いいただいたKさんが日高本線沿線の撮影は初めてだというので、数回撮影経験のある私がガイド役ということになっていました。

最初の撮影地、日高門別駅近くの俯瞰ポイントでの撮影を終えた私たちは、Kさんの運転で新冠(にいかっぷ)に向かいました。

市街地の少し前、「判官館森林公園」と書かれた看板が目印で、ここから国道を離れ山道を進みます。

やがてキャンプ場のある整備された公園に到着しますが、車はさらに進み、その先にある地元の墓地の駐車場で車を降ります。

この墓地の裏手に散策路があり、ここから10分ほど歩いたところが目的地になります。

地名である「判官館」の謂れについては、2012年に訪れたときにも触れていますが、簡単に説明しておきます。

この判官というのは、源義経(源九郎判官義経)のことです。

義経は兄である源頼朝との確執で追われる身となり、史実では奥州衣川で討たれたことになっていますが、義経はこの難を逃れて生き続けたという伝説が各所であり、北海道内にも義経や弁慶にまつわる「遺蹟」があります。

この判官館もそのうちの一つで、この地にたどり着いた義経が、地元のアイヌの娘と恋におち、しばらく一緒に暮らしたと伝えられています。

そして、この場所を判官館と名付けたのは義経であるということです。

判官館は高さ80メートルほどの急峻な崖で、その端には展望台があり、そこが今回の撮影地です。

判官館上.JPG


時間の余裕もさほどないので、早速撮影の準備を始めます。

前回は、カメラ2台体制で臨みましたが、今回は1台のみ。

Kさんは2台体制で準備に大わらわでしたが、無事スタンバイできたので、列車の到着を待ちます。

いよいよ列車の通過時刻が近づいてきました。

見通しのいいポイントなので、海岸先に走って来る列車の姿が確認できます。

判官館上3.JPG

そして、新冠駅に到着。望遠レンズを通してみると、駅前ではなにやら祭りが始まっているようでした。

判官館上2.JPG

やがて、駅を離れた列車は、長い鉄橋を渡ってきます。

判官館上4.JPG

私とKさんのカメラのシャッターが立て続けに切られ、列車は判官館の真下を通過してゆきます。

判官館上5.JPG

そして、すかさずダッシュ(笑)。

トンネルを抜けたあたりで、列車がチラ見できる(笑)ポイントがあるので、そこで後追い撮影をして、判官館での撮影は終了となりました。

判官館上6.JPG


この日最大の目的地はすぐ近くにあるのですが、そこで撮影するには条件が必要なので、その時間になるまで、別の場所でも撮影してみることにしました。

nice!(25)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 25

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。