So-net無料ブログ作成
検索選択

すずめのお宿となった駅 日高東別駅 [駅訪問 (日高本線)]


日高本線の静内-様似駅間では、線路は海岸沿いを走るかと思うと内陸に向かい、また沿岸に出るという具合に敷かれています。

今回ご紹介する「日高東別駅」は、次回ご紹介する春立駅から少し内陸に入った場所にありました。

132 日高東別駅1.jpg

駅前には簡易郵便局を兼ねた商店があるほかは、数軒の住宅があるだけで、あたりには畑や牧場がある田園地帯でした。

138 日高東別駅7.jpg


話は少々ずれますが、日高本線の駅を車で訪ねていると、場所がすぐに分からないことがあります。

その大きな原因は、道路から駅への案内表示がほとんどないことです。静内や浦河など、有人の比較的大きな駅は別ですが、無人駅ではそれがないのです。

実際はカーナビがあるので困ることはありませんが、それでもナビを注視してばかりもいられないので、駅への入口を見落として、通り過ぎてしまうことが何度もありました。

今回の日高東別駅もそうでした。

おまけにこの駅は、待合室に表示もないので、遠目には駅かどうかすら(笑)判別できません。

140 日高東別駅9.jpg

砂利道を踏みしめて近付いてみると、やはり駅(笑)でした。

ホームには、入口がアーチ状になっている待合室がありました。

133 日高東別駅2.jpg
様似方面

待合室は、コンクリートブロックを積み上げた簡素な構造でした。

待合室の中は壁に作り付けの長腰掛と樹脂製の椅子が置かれています。

135 日高東別駅4.jpg
136 日高東別駅5.jpg

ウィキペディアによると、平成4年度の1日の乗降客は40人だということですが、今はそれ以下でしょう。そうなると、この椅子の数は過剰(笑)ですね。

待合室の横には、簡素のトイレも設置されていました。

137 日高東別駅6.jpg

ホームの向こうには、緑の海が広がり、緑の香りのする気持ちのいい風が吹いています。

134 日高東別駅3.jpg
静内方面

ホームに立っていると、スズメが何羽も飛んできました。

スズメたちを見ていると、彼らは待合室の中に入ってゆきます。

その後を追いかけると、天井と壁の隙間に入ってゆきました。その奥では、仔鳥のさえずる声。

どうやら、訪れる人も少ないこの駅の待合室は、スズメたちのお宿になっているようでした。

139 日高東別駅8.jpg


nice!(53)  コメント(4)  トラックバック(0) 

nice! 53

コメント 4

やなぼー

来週、Sentimental-Wayさんの庭を荒らさせていただきますm(_ _)m
またまた宿以外は、ほぼ無計画ですが・・・(^_^;)
by やなぼー (2013-08-22 16:18) 

COLE

訪問Niceいただきありがとうございました
いい旅されていますね
by COLE (2013-08-25 20:50) 

Sentimental-Way

やなぼーさま

コメントありがとうございます。

一度愛車を拝見したかったのですが…。
よい旅を楽しんでください。お帰りになってからの写真を楽しみにしております。

by Sentimental-Way (2013-08-25 22:41) 

Sentimental-Way

COLEさま

こんばんは。

いつも慌しい旅ばかりですが、いろいろな発見や驚きがあって、心が満たされて帰ってきます。

その一端でも、感じていただけると幸いです。

by Sentimental-Way (2013-08-25 22:45) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。