So-net無料ブログ作成
検索選択

北のカナリアたち。 [オホーツク暮らし]


久し振りに、映画を観てきました。

「北のカナリアたち」。

吉永小百合さん主演の映画です。

1011.JPG
写真イメージです(笑)

そういえば、今の町に越してきて、最初の映画になります。

物語は…。

川島はる(吉永さんの役柄)が小さな島の分校の教師として赴任した20年前、彼女は分校の子供たち6人と合唱隊を結成します。

やがて子供たちがひとつまとまって、素晴らしい合唱隊になっていった時、ひとつの哀しい出来事が起こり、その結果、彼女は追われるように島を去ることになります。

20年後…。

図書館司書として働き、定年を迎えようとしている彼女のもとに、かつての教え子が殺人事件を起こしたという知らせが入ります。

はるは、それをきっかけに、かつての教え子たちを訪ねる旅に出ます。

教え子たちは、20年前の出来事によって心に痛手を負い、その後もそれを引きずって生きていました。

教え子たち5人が、それぞれの胸のうちに秘めていた想いが、物語が進むに連れて明らかになり、その20年前の出来事の「真実」が解き明かされてゆくのです。



あまり書いてしまうといけないので、ストーリーはこれくらいにしておきたいと思います(笑)が、映画が始まってすぐ、スクリーンに映し出される、分校のある礼文島と、そこから見える利尻岳の美しい映像に心奪われました。

さすが、撮影は木村大作先生(笑)です。「剣岳~点の記」も美しかったですものね。

物語はかなり重くて、これでもかという悲劇の連続技(笑)であり、観ていて少々疲れた部分もあります。

救いとなったのは、時折流れてくる、子供たちの合唱シーンと、その背景にある美しい風景でした。

キャストは、教え子役で森山未來さん、宮﨑あおいさん、勝地涼さん、満島ひかりさん、小池栄子さん、松田龍平さんが演じているほか、柴田恭平さん、仲村トオルさん、里見浩太朗さんなどが脇を固めています。

物語は現在と20年前を行ったり来たりしながら進行してゆくので、止むを得ない部分もありますが、説明的なところがあり、そこはやや冗長で少し残念でしたが、最後までのめり込めました。

もうひとつ残念だったのは、仲村トオルさんの役どころ。

ネタバレになってしまうので書くことはできませんが、警官である阿部(仲村さんの役名)は物語の中で必要な存在なのですが、彼を描く時間が少なく、中途半端な役回りに終わってしまったように思います。

最後、物語は大団円(?)になるのですが、この終わり方は現実的ではない印象でした。

ただし、私はウルッときてしまいました(笑)けど。

いろいろ勝手に書きましたが、東映創立60周年記念作品として製作された「北のカナリアたち」。

映画人が全力で作った、正しい日本映画(笑)です!


1016.JPG
nice!(37)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:旅行

nice! 37

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。